CSR

HOME > 安全・品質 > トヨフジ物流道場の活用

トヨフジ物流道場は2006年10月、職場力強化の一環として、ノウハウ・技能の伝承を行う研修所として、名港センター内に開設されました。座学・実技訓練による当社従業員・現場作業員の人材育成をメインに、関連会社・海外事業体の物流担当者への教育や、来訪者の見学など、様々な形で活用されています。


道場での座学教育の様子

道場内には掲示物による各工程の説明に加え、名港センター構内や自動車運搬船の模型が設置されており、物流業務全体の流れをより早く分かり易く理解する事ができます。また、実際の車両のドアやバンパーを使用して様々なキズやダメージを再現し、小さなキズなどの見分け方など、品質管理の向上にも役立てています。 2015年度は約40社200人の来客がありました。


関連会社への見学対応


構内の模型で物流全体を把握


船積の仕組みを把握


ダメージの種類・降下物を把握

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール