CSR

HOME > 法令遵守 > コンプライアンス理解度セルフ・チェック

トヨフジ行動指針

当社では毎年、従業員のコンプライアンス意識向上を図るため、全従業員を対象に行動指針を基にしたコンプライアンスに関するセルフチェックを実施しています。チェックシートでは、各項目のチェック内容に対し、自身の理解度を確認し、〇か×で回答します。分からなかった設問については、シート内に併記された解説を見て、その場で正しい理解を得られます。

セルフチェックの結果は事務局で集計を行い、正解率が低かった項目については、全従業員に展開し認識を高め、更なるコンプライアンスの向上に繋げています。

<セルフ・チェックシートにて正解率が低かった項目>

●労働時間
設 問 内 容 解 説
7 1ヵ月100時間または2〜6ヵ月にわたり、平均で1ヵ月あたり 80時間を超える時間外労働が過重負荷の判断の一つになる 場合がある 労働安全衛生法により、事業者は残業時間が1ヵ月当たり100 時間を超え、且つ疲労の蓄積が認められるときは、労働者の申 出をうけて、医師による面接指導を行わなければなりません。
8 当社では、時間外労働時間が70時間/月を超えた場合は、必ず 産業医による面接を受けなければならない
●独占禁止法等遵守行動指針
設 問 内 容 解 説
28 「独占禁止法遵守行動指針」及びその「細則」に従い、関係部署は競合他社との接触記録を提出し、保管しなければならない。また競合他社との会議・面談について事前または事後に申請書類を提出しなければならない 競合他社とは、外航・内航船社、物流会社が対象となります。競合他社との接触が可能か、禁止か,事前届出が必要か等は、業務内容や接触内容により、適用対象が異なりますので、細則の別表を確認してください。

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール