CSR

HOME > 環境保全 > バラスト水の処理対応

バラスト水とは、船舶が空荷状態の時に安全確保のため、バランスを保つ重しとして積載する海水です。採取した海水が異なる国で排出される事により、バラスト水に混入した生物が移動先で繁殖し生態系の破壊などの被害が発生し、新たな海洋環境問題となっています。

国際海事機構(IMO)は2004年に「バラスト水管理条約」を採択し、外航船への段階的な排出基準の適用を定めています。バラスト水を滅菌処理し無害化する処理は今後不可欠であり、当社は本条約の発効の前に搭載計画を策定、全ての対象船舶に対し積極的にバラスト水処理装置搭載を進めています。

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール