CSR

HOME > 環境保全 > 省エネ機器の導入

■省エネ型電子ガバナ■
ガバナは「調速機」とも呼ばれ、主機の回転数(船舶速度)を一定に保つよう、自動的に燃料供給量を調整する装置です。その役割は重要で、航海中の風・波・うねり等によるプロペラの空転や、急激な回転上昇から主機やプロペラ軸を守っています。 今回導入された省エネ電子ガバナは、プログラムにより主機の回転数をゆっくりと回復させる機能で、この修正動作により過剰な燃料供給を抑制し、省エネ効果を高めてCO2排出量が低減できます。

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール