CSR

HOME > 社会貢献 > 国立環境研究所への協力

当社は、国立環境研究所が2002年から太平洋上で実施しているCO2の観測(大気中濃度、海水への吸収)支援のため、外航船内に観測室を提供し、観測員の乗船調査に協力しています。「NEW CENTURY 2、TRANS FUTURE 5、FUJITRANS WORLD」の3隻で観測が行なわれています。
国立環境研究所は、元米国副大統領 アル・ゴア氏とIPCC(気候変動に関する政府間パネル)がノーベル平和賞を共同受賞した際にも、ワーキンググループとして参加しており、2014年10月には、北太平洋海洋科学機構から海洋モニタリングサービス賞を受賞しました。当社にも翌11月、国立環境研究所における温暖化研究の中心である地球環境センターから、長年の協力にたいして感謝状が贈呈されました。


定期的に研究員も乗船し調査を行っています

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール