海運用語集

HOME > 海運用語集

海運用語集

海運にまつわる用語とその意味をご紹介しています。

ア行 ハ行
カ行 マ行
  • ミ|
  • ム|
サ行 ヤ行
タ行 ラ行
  • リ|
  • ル|
  • レ|
ナ行 ワ行
  • ワ|
  • ヲ|
バース
Berth
係船場。埠頭、桟橋などのうち船を係留する場所をいう。浮標(Buoy)の場合も用いる。
バース・ターム
Berth Term
不特定多数の荷主を対象とする定期船の輸送で、本船荷役について運送業者の責任の限界を示す条件。具体的には、運送業者は本船に対する積揚及び船内荷役を負担し、それ以前または以降に生じる沿岸荷役、上屋搬入などの費用は全て荷主の負担となる。
裸用船(ハダカヨウセン)
Bare Boat Charter
船主が船員を配乗せずに、船舶を一定期間用船者に貸し渡す契約。
ハッチ・プラン
Hatch Plan
カーゴを船艙に積付ける際に立てる計画。
バンニング
Vanning
コンテナにカーゴを詰込む作業。

ページの上部へ▲

B/L(ビー・エル)
Bill of Lading
船荷証券のこと。船会社の責任者または船長が署名・発行する証券であって、カーゴを船積したことを立証する運送契約の証拠書類。指定揚港において、これと引き換えに船積カーゴを引き渡すことを約した流通有価証券で、権利自体を示す重要なもの。
PCC(ピーシーシー)
Pure Car Carrier
「自動車専用船」を参照。
ビット
Bitt
係留用ロープをつなぐのに用いる1本の短柱。

ページの上部へ▲

ファンネル
Funnel
煙突。
ファンネル・マーク
Funnel Mark
船の煙突両側に描かれた社章。一般に運送業者の社章が表示され、これによって識別されている。
ブッキング
Booking
船会社が船積を引き受けたことを指す。
不定期船
Tramper
定期スケジュールを定めずに荷主のオーダーに合わせて運航する船舶。
船積指図書(フナヅミサシズショ)
Shipping Order
「シッピング・オーダー」を参照。
フレート・トン
Freight Ton
運賃の計算の基礎になるトン数。一般に運賃の算定は容積トンもしくは重量トンのいずれかによる。運賃建参照。

ページの上部へ▲

便宜置籍船(ベンギチセキセン)
Flag of Convenience
国籍をパナマやリベリアなどの税金の安い国に便宜上置いて、自国で運航する外国航路の船舶。

ページの上部へ▲

保税(ホゼイ)
関税が保留された状態の輸入カーゴ。
保税運送(ホゼイウンソウ)
輸出入カーゴを保税のまま運送すること。税関の承認が必要となる。

ページの上部へ▲

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール