海運用語集

HOME > 海運用語集

海運用語集

海運にまつわる用語とその意味をご紹介しています。

ア行 ハ行
カ行 マ行
  • ミ|
  • ム|
サ行 ヤ行
タ行 ラ行
  • リ|
  • ル|
  • レ|
ナ行 ワ行
  • ワ|
  • ヲ|
サーチャージ
Surcharge
割増料金。危険負担や燃料油などの急激な値上りのため、既に定められた通常の料金の適用が困難な場合に定める付加料金。燃料費の値上りに伴い運賃にその分を加算する場合、バンカーサーチャージという。
載貨重量トン数(サイカジュウリョウトンスウ)
Dead Weight Tonnage
夏期満載喫水に対応する満載排水量(Displacement Tonnage)からその船の軽荷排水量を控除した数値。実際に積める純載貨重量は航海ごとに異なり、載貨重量から燃料、清水、バラスト、コンスタントその他の物の重量を控除したものである。略号はD/W、またはDWT。重量トン。
左舷(サゲン)
port side
船尾から船首方向に見て船の左側。

ページの上部へ▲

CIF(シー・アイ・エフ)
Cost Insurance and Freight
品物代金、貨物保険、運賃を含む価格のこと。売り手が自ら手配した船舶で、買い手の指定する揚地まで運び、揚荷とともに契約を終了する。この場合、運賃及び保険料は出荷主の負担となる。
C&I(シー・アンド・アイ)
Cost and Insurance
CIFのうち運賃を含まない価格のこと。CIF参照。
C&F(シー・アンド・エフ)
Cost and Freight
運賃込みの品物価格。本質的にはCIFと同じだが、買い手が付保するので、売り手は付保の義務がなく、保険料が含まれない。運賃は売手負担。CIF参照。
シッパー
Shipper
出荷主のこと。
シッピング・インストラクション
Shipping Instruction
出荷主から送られてくる船積指示書。
シッピング・オーダー
Shipping Order
船積指図書。運航者から船長に対するカーゴ船積みの指図、またはその書類。略号はS/O。
シッピング・ドキュメント
Shipping Document
船積書類で船荷証券、保険証券、インボイス(Invoice)、パッキングリスト(Packing List)、マニフェスト(Manifest)、E/D(Export Declaration)をいうが、外航では輸入国によって、このほか、原産地証明書などがある。内航では省略することが多い。
指定地外交通
外航船~陸地間の通行において、税関の指定場所でないエリアを通行すること。
自動車専用船
Pure Car Carrier
主として自動車を輸送する船舶。自動車を効率的に積載できるよう、自走式で積載する複数層のカー・デッキを持っている。
仕向地(シムケチ)
Destination
荷物の送り先。船舶の行き先。
社船(シャセン)
自社で所有する船舶のこと。
純トン数
Net Tonnage
船舶の総積量をトン数で表したもの。船の稼動能力を示すのに用いる。総トン数からの船員室、海図室、バラスト水槽、機関室、操舵機室、チェーン・ロッカー、その他航海に必要な場所の容積を除外したもの。記号はN/T。

ページの上部へ▲

スタビライザー
Stabilizer
減揺装置。航海中に波浪の影響により船体が動揺する(ローリング)のを減少させる装置。
ステベドア(ステベ)
Stevedore
カーゴを船積または陸揚する荷役作業に従事する人々のこと。一般に港湾荷役業者のことをいう。

ページの上部へ▲

接岸(セツガン)
荷役などのため、船舶を岸壁に着けること。着岸ともいう。
船主(センシュ)
Owner
船の所有者。
船舶貸渡業
船舶の貸渡又は、運航委託をする事業。
船舶経費
船舶を運航するために必要な経費のこと。船員費、船舶修繕費、船用品費、潤滑油費、船舶保険料、船舶固定資産税、雑費、船舶原価償却費、船舶設備資金金利、船主一般管理費などで構成される。燃料費、港費及び運送業者の一般管理費は含まれていない。
船腹(センプク)
Tonnage of Fleet
船艙にカーゴを積める量を表す。また、船舶の輸送能力を総称する。広義には船の量を表し、需給バランスのとれた状態を適正船腹量という。

ページの上部へ▲

総トン数
Gross Tonnage
船舶の全ての容積をトン数で表したもの。
速力
Speed
船のスピード。速力はノット(knot)で表す。1ノット=1.852km/h

ページの上部へ▲

TFSニュース
CSR活動
採用情報
海運用語集
配船スケジュール