MENU

HISTORY
沿革

ABOUT会社案内
  • Ⅰ.創業期1964年~1973年

    事業基盤の確立

    高度経済成長の下、トヨタ自動車販売(現:トヨタ自動車)は、急激に増加する販売台数に対応する輸送能力を強化する為に、一度に大量の自動車を輸送できる海上輸送方式を導入することとなりました。
    1964年、トヨタ自動車販売、藤木海運(現:フジトランス コーポレーション)、トヨタ陸送(現:トヨタ輸送)の共同出資により、トヨフジ海運は設立されました。
    4隻の内航船をチャーターしての国内海上輸送から事業を開始した当社は、荷量の増加に伴い、寄港地を拡大していくとともに、輸出完成車の船積業務や国外海上輸送の基盤作りが急速に進みました。

    主なできごと

    1964年
    トヨフジ海運設立、国内海上輸送開始
    1967年
    輸出完成車の船積業務開始
    1971年
    タイ向け海上輸送開始
  • Ⅱ.拡大期1974年~1983年

    積極的な事業拡大

    第1次オイルショックにより、日本経済が戦後初のマイナス成長を体験する中、自動車産業界は、引き続き高い技術力や生産システムのノウハウを磨き続け、世界の自動車業界地図を塗り替えました。トヨタ車の海外輸出は、1960年代半ばから年々増加し続け、これに伴い当社も初の外航輸送となるタイ向けの海上輸送を皮切りとして、環太平洋地域を中心に航路を広げ、多岐にわたって事業を拡大していきました。

    初代とよふじ丸 (1974年就航)
    北米向け とよふじ7 (1981年就航)

    主なできごと

    1974年
    初の自社船「とよふじ丸」就航
    1977年
    オーストラリア向け海上輸送開始
    香港・シンガポール・マレーシア・ブルネイ向け海上輸送開始
    1978年
    田原出張所開設
    1980年
    資本金を1億2千万円に増資
    1981年
    北米向け海上輸送開始
    1983年
    ニュージーランド向け海上輸送開始
  • Ⅲ.成長期1984年~1993年

    効率的物流の推進

    85年のプラザ合意以降、円高が加速し、流動資産、固定資産の高騰が日本を世界第2位の経済大国に押し上げました。 当社も、トヨタの堅調な生産拡大に支えられ、物流ノウハウを整え、海外物流進出の萌芽を育んでいきました。
    世界各地への駐在員室開設が進むとともに、情報システムの進化と業務の効率化も急速に進んでいきました。

    名港センター着岸の様子 (1985年)

    主なできごと

    1985年
    名港センター輸出船積台数1,000万台達成
    1986年
    ロサンゼルス駐在員室開設
    1989年
    パナマ子会社(FMC)設立
    メルボルン駐在員室開設
    1991年
    台北駐在員室開設
    NACCSシステム稼働
    1992年
    シンガポール駐在員室開設
    1993年
    バンコク駐在員室開設
  • Ⅳ.加速期1994年~2003年

    経営基盤の強化

    バブル景気が崩れ、日本経済が沈滞する中、円高はさらに進み製造業の海外移転が加速していきました。 トヨタの海外生産拡大に沿って、当社の海外現地法人設立も加速し、物流改善活動で育った人材が、内航で培ったノウハウを携え、海外航路の拡張と海外での事業活動に取り組んでいきました。

    トヨフジ ボン ボヤージュ
    コンサート開催 (1998年~)
    AWS船「TRANS FURUER 2」(1981年就航)

    主なできごと

    1995年
    香港駐在員室開設
    1997年
    名古屋事務所開設
    第1回アジア代理店会議開催
    1998年
    シンガポール現地法人(TFSS)設立
    第1回トヨフジ ボン ボヤージュ コンサート開催
    1999年
    アジアウィークリーサービス(AWS)開始
    2000年
    ISO14001取得
    オセアニアレギュラーサービス(ORS)開始
    2003年
    タイ(TFLT)、インドネシア(TFLI)現地法人設立
  • Ⅴ.変革期2004年~2013年

    長期ビジョンを携え、変革・挑戦

    想定を超えた東日本大震災、リーマンショック、タイの大洪水が続く中で、当社は愚直に内・外航輸送サービスを磨き、ノウハウを伝承・展開していきました。
    また、さらなる成長を目指し改革を推し進めるべく、長期ビジョン「DREAM’20」を策定、新たな変革・挑戦がスタートしました。

    東海市、釜石市との災害協定締結(2006年)
    取扱台数1億台達成(2007年就航)

    主なできごと

    2005年
    欧州域内輸送開始
    2006年
    東海市、釜石市との災害協定締結
    2007年
    完成車取扱台数1億台達成
    2010年
    創業初の年間すべての事故ゼロ達成
    2011年
    釜石港へ東日本大震災支援物資海上輸送実施
    東アジアレギュラーサービス(EAS)開始
    2013年
    長期ビジョン「DREAM‘20」取組開始
  • Ⅵ.未来に向けて2014年~

    協調/人と環境に調和

    地球温暖化対策は全世界が一丸となって取り組むべき課題と改めて強く認識され環境保全への取り組みは、ますます重要なものとなりました。
    「トヨフジ環境チャレンジ2050」を策定し、トヨタ物流の環境対応をリードし人にも地球環境にもやさしいグリーンカンパニーへと成長すべく働く人にも環境にも配慮した事業活動に、取り組んでいます。

    主なできごと

    2014年
    創立50周年
    2016年
    アメリカ現法(TFSA)設立
    2018年
    TRANS HARMONY1「シップ・オブ・ザ・イヤー2017 大型貨物船部門賞」受賞
    2020年
    「トヨフジ環境チャレンジ2050」策定
    豊洋丸「内航船省エネルギー格付制度」最高評価“5つ星”を獲得
    2021年
    中国現法(TFLC)設立
    田原市との災害協定締結
PAGE TOP

トヨフジ海運
クイックガイド

トヨフジ海運は、トヨタグループ唯一の海運会社として、最高レベルの物流サービスを提供し、豊かな社会の実現に向け取り組んでいます。
トヨフジ海運をご理解いただくために、当社概要について、ご紹介します。

トヨフジ海運 クイックガイド

1【トヨフジとは?】数字で見るトヨフジ

運航隻数
26

国内外に幅広い輸送ネットワークを構築しています。

取扱台数
380万台/年

国内外の海上輸送、国内の港での輸出入船積み業務でトヨタ車のみならず多くの車を取り扱っています。

拠点数
25拠点

国内の8拠点に加えて、海外では13の国と地域に17拠点、 ワールドワイドにネットワークを展開しています。

1/8

トヨフジ海運 クイックガイド

2トヨフジ誕生

トヨフジ海運は1964年(昭和39年)に誕生しました

傭船4隻の国内海上輸送から業務を開始した当社は、輸出船積業務や海外海上輸送へと事業を拡充してきました。
10周年を機に初の自社船「とよふじ丸」を就航、以降、相次いで自社船を就航させ、航路も世界各地に広がっていきました。

2/8

トヨフジ海運 クイックガイド

3船ではこぶ

自動車船に、新車、中古車、トレーラー、
重建機等をいっぱいに詰め込み、国内外へ運んでいます。

自動車船は、巨大な立体駐車場のようです。

3/8

トヨフジ海運 クイックガイド

4港のしごと

港に商品車が搬入されて、船積みされるまでの行程(搬入~保管~船積・通関)を管理しています。

安全、確実、タイムリーにお客様へ商品をお届けするため、港では様々な「カイゼン」をしています。

4/8

トヨフジ海運 クイックガイド

5世界に広がるトヨフジ

世界各地に広がるトヨフジの海外事業体
50年以上の間に培った完成車物流のノウハウを海外に展開し、
各地で多種多様なサービスを提供しています。

5/8

トヨフジ海運 クイックガイド

6イルカの想い

トヨフジ海運が造る船にはイルカのマークが描かれています。
地球環境への配慮、そこで働く人々の働きやすい職場環境づくり、環境と人に調和した自動車船を目指す象徴となるのがこのイルカです。

当社では引き続き
社会・地球の持続可能な発展に貢献してまいります。

6/8

トヨフジ海運 クイックガイド

7地域社会への恩返し

トヨフジ海運では社会貢献活動にも力を入れています。
特に地域社会への感謝として、海をきれいにする海上清掃や周辺道路のゴミ拾いなど、環境美化活動を積極的に展開しています。
また、地域文化の発展を応援する為、地元交響楽団のコンサートを主催し、お客様や協力会社の皆様と共に、音楽を楽しんでおります。

7/8

トヨフジ海運 クイックガイド

8幸せを運ぶ、
その未来さきにあるのは青い海 - With you, With the world -

安全・確実・タイムリーを基本に
お客様からお預かりした商品を
国内・海外へお届けしております。

満足度NO.1の物流サービスを目指し、
すべての人が幸せと豊かさを実感できる
環境にやさしい持続可能な社会の発展に、
微力ながらも貢献できるよう、
全社一丸となって取り組んでまいります。

8/8